top of page

8月20日(日) 西文化会館ウエスティ創造活動室にて

こんにちはー。クラリネット庄司です。

お盆休みをはさんで2週間ぶりの全体練習でしたが、まー、なかなか残暑が落ち着いてくれませんね。汗かきおじさんの私にはまだまだ辛い日々が続きます。

さて、今日の練習日誌は、そんな暑い夏がRAMで一番似合う(個人の感想です)ファゴットパートのファリドさんにお願いしました。


--


Hi, I'm Farid playing bassoon. I'm excited about our upcoming concert, especially because it will be RAM's 40th birthday at the same time as my 40th birthday!


Also, the music reflects some of my childhood, especially the selection from the movie ET, the exteriors of which were filmed a few hundred meters away from my childhood home in Los Angeles. It's amazing how John Williams' gift for melody affects people from all over the world and unites us all!


I am also thrilled for our new foreign guests, Anne from Norway on trumpet who grew up in Kyoto, and my wife Daseul Christina from Korea who is a professional contrabassist. It is a rare privilege for me to play with her since I am an amateur!


I'm so happy to be part of a group that enjoys making music from a diverse selection and who welcomes a diverse membership!


訳:

こんにちは、ファゴットを吹いているファリドです。今度のコンサート楽しみですよね。なんと言っても今年はRAMにとっての創団40周年の記念の年ですし、40歳の誕生日を迎えた私と同じ歳なんですよ!


それから、練習曲では映画「E.T. 」からのセレクションをやりましたが、この映画は子供の時に過ごしたロサンゼルスの家から数百メートルのところで撮影されたものなんです。ジョン=ウィリアムズの音楽が世界中の人々に影響を与え、そして私たちをひとつにつないでいることに驚かされます!


新しく外国の方がやってきたのにも感激しました。見学に来てくれたトランペットのアンネさんはノルウェー出身で京都で育ったとのことです。また、私の愛妻であり、プロのコントラバス奏者であるダスル=クリスティーナ(*)は韓国出身。アマチュア奏者である私が彼女と一緒に演奏できるのは、貴重で特別な機会だと思います。


多様なメンバーを迎え、多様なセレクションの音楽を創り上げることを楽しめるこの楽団のメンバーであることは、実に嬉しいことだと思っています!


(*ダスルさんはひだまりコンサートに賛助出演の予定です)



次回の練習は、8月27日(日)18:00〜21:30右京ふれあい文化会館創造活動室です。

閲覧数:85回

Comments


bottom of page